ばるログ in バルセロナ

スペイン バルセロナを120%楽しむための情報

スペインの母の日はいつ?カーネーションはスペインの国花?母の日にまつわる話

f:id:shibuyaumeboshi:20200522040116j:image

スペインは日本より一足早い5月3日が母の日でした。スペインの母の日にまつわる話や、例年とは違う母の日に思う事などについて書いた記事です。

 

 

スペインの母の日は「5月の第1日曜日」 

日本では毎年5月の第2日曜日が母の日(2020年は5月10日)ですが、スペインでは5月の第1日曜日が母の日(Día de la Madre ディア・デ・ラ・マドレ/2020年は5月3日)です。日本と同様にスペインでも母親にお花やプレゼントを贈りますが、花の種類はカーネーションに限らず、母親のイメージに近い色の花や好きな花を贈ることが多いようです。

 

カーネーションはスペインの国花 

この記事を書きながらスペインの母の日について調べていたら、スペインの国花が「カーネーション(スペイン語で「clavel クラベル」)」ということを知りました。花言葉は「純粋な愛情 Amor vivo y puro)」。一説では十字架に磔となったキリストを見た聖母マリアの目から涙が流れ、その涙の跡に生えた花がカーネーションという逸話もあるそうで、そのため母性愛の象徴とされてきたそうです。スペインといえばひまわり畑のイメージが強いので、ひまわりの国かと思い込んでいましたが、カーネーションの原産地は太陽が降り注ぐ南ヨーロッパの地中海地方であることからも納得しました。

 

2020年は例年と違う母の日に 

さて、今年の母の日は例年と違い(スペインだけじゃなく日本も世界中どこでも同じような状況ですが)、離れて住む家族に会いに行くことができなかったり、花屋が閉まっていたりと、母親への感謝の伝え方も例年と変えざるを得なくなっています。高齢になった母親に感謝を伝えに会いに行かないことが思いやりになるなんて。

f:id:shibuyaumeboshi:20200504021410j:image

コロナのパンデミックが宣言される前、SNSでスペイン旅行の相談をしてくださった方がいました。その方はお母様が長年行きたがっていたスペインへのご旅行を母娘二人で計画しているとおっしゃっていましたが、残念ながらコロナの影響でキャンセルされたそうです。ご旅行を楽しみにされていたことを想うと言葉になりませんが、やりたいことをしない、行きたいところへ行かないという「しない選択」を決断できる人こそが、今の時代の強くて優しい人なのだなと思いました。他にも、今年計画していた旅行を見送られた人がたくさんいらしゃると思います。そんなみなさまがいつか必ず、最高の旅行ができることを祈っています!

 

母親は偉大な存在。外出制限で再認識 

特にこのような状況下、世のお母様方は今まで以上に大変な日々を過ごされていると思います。保育園に預けたくても預けることができなかったり、休校中の子どもの勉強をサポートしたり、外で遊びたがるお子様に家にいないといけない理由を説明したり、毎食家族全員分の食事を用意したり…

私のまわりにいる母になった友人たちの話を聞くだけでも、みんな毎日フルパワーで頑張っていて頭が上がりません。子どもたちを見守りながら、自分自身も健康管理し、突然始まった在宅ワークで成果を上げ、休みなく家事を行う。本当にみんなスーパーウーマンだと思います。

現役ママだけでなく、育児経験のある女性はみんな時代や状況こそ違えど、毎日フルパワーで20年余りの人生を費やしてこられたということを想うと、本当に母という存在は偉大。

 

下記の記事によると、コロナによる研究者の自宅勤務で浮き彫りになったのは、男性研究者の論文数は変わらないのに、女性研究者の投稿する論文数が減っているということ。なぜかというと、女性研究者は家にいることで家事育児に取られる時間が増えてる一方で、男性研究者は自宅だと執筆活動に専念できると感じてるから。というものです。スペイン人男性は日本に比べて自分事として家事育児をする人が多い気がしますが、いまだに女性の負担が多いケースは世界中どこでもあるようす。コロナによる長期間の自宅生活は、より多くの共働き家庭の意識が変化するきっかけになりそう!

f:id:shibuyaumeboshi:20200504002145j:plain

https://www.thelily.com/women-academics-seem-to-be-submitting-fewer-papers-during-coronavirus-never-seen-anything-like-it-says-one-editor/

 

母の日に贈るスペインのギフト

日本ももうすぐ母の日!母の日の贈りものは毎年同じようなものになってしまいマンネリ化しやすいのが悩みどころ。そんな方はぜひ今年はスペインにまつわるギフトを選んでみてはいかがでしょうか。スペイン好きのお母様への贈りものとしてはもちろん、遠出や旅行ができない日々で気分転換をプレゼントしたいとお考えの方にもおすすめの厳選スペイン商品を、次の記事で紹介しています。 プレゼント選びの参考になれば幸いです♪

【贈りものにおすすめ】厳選スペイン系ギフト10選!生ハム、ワイン、チョコレート、美容、ファッションまで! - ばるログ in バルセロナ

 

私はスペインに来てから母の日の少し前になると実家近くのお花屋さんに連絡をして生花を注文し、実家に配送してもらっています。こちらの花屋さん「Misty Blue(ミスティー・ブルー)」でオーダー。センスが良くて安心してアレンジをお任せできます。全国への配送も受け付けているので近隣以外の方もご注文いただけます。※今年の母の日オーダーは5月3日まででした。誕生日や結婚祝い、特別な日のギフトとしてもおすすめです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

新緑が眩しい季節になりましたね コロナの事なんて何も知らないかのように 植物たちは日々グングンと伸びています 今年の母の日ですが ご予約は5月3日で締め切らせていただきます 店頭でのお引き渡しは 完全ご予約制で お作りしたものを敏速にお渡ししたいと思います 一輪のお花からお受けしてます 直接お届け、宅配でのお届けとともに お電話かメールにて どうぞよろしくお願いします🌿 #flowershop #florist #flowerstagram #instaflower #flowerpic #flowerarrangement #stayhome #花屋 #フローリスト #フラワーアレンジメント #アレンジメント #季節の花 #新緑 #新緑の季節 #母の日プレゼント #一輪の花 #花のある暮らし #花のある生活 #花の力 #埼玉 #所沢 #新所沢

フローリストミスティブルー MISTY BLUE(@florist_mistyblue)がシェアした投稿 -

 

母の日の定番カーネーション。赤やピンク色などがメインカラーのブーケやアレンジメントが多いところですが、スペインの国花でもあるカーネーションを赤と黄色のスペイン風カラーでアレンジして贈ってみると、一味違った雰囲気を楽しんでもらえると思います。プリザーブドフラワーは記念にとって置けることで人気。セミオーダー可能なプリザーブドフラワーのショップで、スペイン風アレンジをどうぞ。

セミオーダーのプリザーブドフラワー

 

 

世界中の献身的なお母さんたち全員に、いつもありがとう!Gracias mama!