ばるログ in バルセロナ

スペイン バルセロナを120%楽しむための情報

【2021年から】スペインの育児休暇期間が男女ともに16週間(約4か月)に!

f:id:shibuyaumeboshi:20210401001512j:plain
スペインは2021年1月から男性の育児休暇期間が16週間(約4か月)となり、ついに女性と同じに!

  

2021年1月から男女ともに育児休暇期間が16週に

スペインでは2021年の1月1日から、育児休業(と産休)が男女ともに16週間に平準化されました。これは男女平等施策が進んでいるEUの中でも一番長い期間!

 

最初の6週間の休暇は義務で、のこり10週間分はそのまま連続して取得するか、期間をあけて取得するか選択できます。

 

家庭での育児や家事の分担における男女間の不公平をなくし共同責任とすること、男女の賃金格差の縮小めざすこと、少しでも出生率を上げることなどが目的。

 

育休取得者に対しては、仕事しているときの給与額が国の社会保障制度で支払われ、企業側の負担がありません。本施策に対して27億8400万€の予算が投じられます。

 

スペインでの男性育児休暇取得日数に関する施策はこの5年間でぐんぐん進んみました。

  • 2017年4月 4週間
  • 2018年7月 5週間
  • 2019年4月 8週間
  • 2020年1月 12週間
  • 2021年1月 16週間!!

 

長くスペインでは父親休暇として「子供の出生時に2日間」とされてきましたが、2006年3月に「男性と女性の平等に関する組織法案」を閣議で可決されてから父親休暇にくわえて8日間の休暇を母親の産休期間中に取得できるようになっていました。この法律はスペインの男女共同参画社会を大きく前進させたといわれています。

 

 

スペインのSDGsランキングは世界22位

先日こちらの記事でも書きましたが、国別SDGsランキングにおけるスペインの順位は世界22位です(日本は17位)。SDGsの17目標のうち、「GOAL5:ジェンダー平等を実現しよう」の進捗はかなり進んでいて、スペイン国会の女性議席数は2019年に47%でした。目標は男女半々の50%なのでほぼ達成!(ちなみに日本の女性議席数は9%)

 

 

【参考サイト】

Las claves de los permisos para madres y padres en 2021

1 de enero de 2021: los permisos de paternidad y maternidad se igualan en 16 semanas - elEconomista.es

https://www.gender.go.jp/research/kenkyu/sekkyoku/pdf/senmonsyoku/15_ch4-1-1.pdf

 

【バルセロナ】サステナブルファッションのお店6選|フェアトレード・オーガニックコットン・エコフレンド

f:id:shibuyaumeboshi:20210217223902j:image

バルセロナにはサステナブルファッションを扱うお店がたくさんあります。今回はグラシア地区を中心に私が巡ったお店を紹介します。

続きを読む

マヨルカ島の塩の花「Flor de Sal d’Es Trenc」料理が格段に美味しくなる魔法の塩

f:id:shibuyaumeboshi:20210220181942j:image

我が家の食卓の必需品となっているスペイン・マヨルカ島の塩「Flor de Sal d’Es Trenc」を紹介します。バルセロナでも買えるのでお土産にもぴったり。

続きを読む

【体験記】スペインで入院&手術した話|海外の病院医療事情

f:id:shibuyaumeboshi:20210220141144j:image

少し前にスペインで入院&手術しました。これもスペインでの貴重な経験。記憶が新鮮なうちにスペインの医療事情や入院した時の様子を記録しておきます。

続きを読む

また行きたくなる美食レストラン「Fismuler」 バルセロナ・ボルン地区

f:id:shibuyaumeboshi:20210103214646j:image

バルセロナ・ボルン地区にある「Fismuler」は、伝説のレストランといわれたEl Bulli(エル・ブジ)出身のシェフがマドリードで始めたレストラン。2017年にバルセロナにもオープンし美食家たちの間で大好評です。 

続きを読む

【バル巡り】ピカソ美術館から1分のシャンパンバル「El Xampanyet」|スペイン・バルセロナ

f:id:shibuyaumeboshi:20210109080321j:image

バルセロナのピカソ美術館近くにあるEl xampanyetは1929年創業の老舗バル。気さくな接客でいつも人気。お手頃シャンパンと自家製塩漬けアンチョビが名物でパイのデザートも絶品です。

続きを読む

【2021年1月】サグラダファミリアの工事が約10ヶ月ぶりに再開!2021年末には〇〇が完成予定

f:id:shibuyaumeboshi:20210128165345j:image

2021年1月25日(月)からサグラダファミリアの建設工事が再開!工事は2020年3月から止まったままだったので約10ヶ月ぶりの再開です。

続きを読む

【SDGsランキング2020】日本とスペインのSDGs達成状況を比較してみた|海外のSDGs

f:id:shibuyaumeboshi:20210125072725j:image

国連が制定した2030年までの世界共通目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」。日本とスペインのSDGs達成度や今後の課題を比較してみました。

続きを読む

【カサ・ビセンス Casa Vicens】レゴみたいな外観と植物モチーフがかわいいガウディ初期建築

f:id:shibuyaumeboshi:20210103212848j:image

カサ・ビセンス/Casa Vicensは、若きアントニ・ガウディが最初に手掛けた住宅。レゴブロックのような可愛い外観、空間に散りばめられた自然のモチーフ、この家に隠された秘密を発見するたびにワクワクする、そんな建築です。

続きを読む

【バルセロナ街歩き】路上で見かける銅製プレートは老舗の証

f:id:shibuyaumeboshi:20210105223658j:plain

バルセロナの街を歩いてると路上で時々見かける銅製のプレート。これが店前にあるのは長年バルセロナの街で営業し続けてきたお店に対するバルセロナ市からの謝意の証。

続きを読む

【1月6日に食べるスペインのお菓子】ロスコン・デ・レジェスってなに?

f:id:shibuyaumeboshi:20210106044718j:image

スペインの1月6日は祝日でこの日に「ロスコン・デ・レジェス(Roscón de Reyes)」という菓子パンのようなケーキをみんなで食べます。どんなお菓子なのか、どうやって食べるのかを紹介します!

続きを読む

【おみやげにも】スペインのデパート「エル・コルテ・イングレス」のエコバッグ€1.95|El Corte Ingrés

f:id:shibuyaumeboshi:20210104044231j:image

スペインのデパート「エル・コルテ・イングレス(El Corte Ingrés)」のエコバッグは€1.95なのでスペインみやげにもぴったり!バルセロナのカタルーニャ広場店では食品売り場ではなく、日用品やキッチン用品売り場に置いてあります。

続きを読む

【スペインでおでん】おでん食材購入メモ in Barcelona|おでんの材料ひと揃え

f:id:shibuyaumeboshi:20210103215844j:image

冬はやっぱりおでんが食べたくなる!ということで、スペインに来てからはじめておでんを作って食べました。バルセロナでおでん食材を購入したお店をメモとしてブログに記録します。

続きを読む