ばるログ in バルセロナ

スペイン バルセロナを120%楽しむための情報

【サン・セバスチャンでバル巡り】酒場放浪6軒ハシゴの巻

f:id:shibuyaumeboshi:20190813184224j:image

はじめて美食の町・サンセバスチャンを訪れたのは2017年。目的はもちろんバル巡り!それから2年。2019年に再びサンセバスチャンを訪れる機会ができたので、味わったピンチョスを振り返りながらバル情報を整理しました。

 

サン・セバスチャンのバル1軒目「Ganbara(ガンバラ)」 

f:id:shibuyaumeboshi:20190813182409j:image
元祖ピンチョス「ヒルダ」発祥のバル。これは絶対行かなきゃ!ということで、お腹ペコペコ状態の1軒目に訪問。ヒルダはグリーンオリーブ・ギンディージャ(青唐辛子の酢漬け)・アンチョビを組み合わせたシンプルなピンチョス。バスク地方名産の微発砲白ワイン「チャコリ」にも、ビールにもあう!

 f:id:shibuyaumeboshi:20190813182416j:image
採れたてキノコのピンチョスもおススメとのことだったので、店の自慢「チャングーロ」も注文しました。こちらも絶品!写真に撮り忘れましたが、ハムのクロケッタ(コロッケ)も忘れられない美味しさでした。昼も夜も大変混んいでます。このバルが好きすぎて、翌日の昼に再訪。笑

【Ganbara詳細情報】

  • 営業時間:12:00~15:15、19:00~23:00(日曜は夜のみ、月曜定休)
  • 住所:San Jeronimo Kalea, 19, 20003 Donostia, Gipuzkoa

サン・セバスチャンのバル2軒目「Bar Txepetxa(バル・チェペチャ)」

 f:id:shibuyaumeboshi:20190813182423j:image

イワシの酢漬けをアレンジしたピンチョスのお店。イワシ×ベリージャムという不思議な組み合わせのメニューもありますが、想像を超える美味しさで、目を閉じて味覚の能力を存分に発揮して味わいたい逸品。

 【Bar Txepetxa詳細情報】

  • 住所:Arrandegi Kalea, 5, 20003 Donostia, Gipuzkoa
  • 営業時間:12:00~15:00、19:00~23:00/日曜は12:00~15:00のみ、月曜定休、火曜は19:00~23:00のみ

 

サン・セバスチャンのバル3軒目「Bar la Cepa(バル・ラ・セパ)」 

f:id:shibuyaumeboshi:20190813182412j:image 

70年以上経営されているクラシックなバル。質のいい生ハムが有名。日本の色んなガイドブックに掲載されているので日本人客も多いようです。生ハムのお皿も頼みたかったけど、まだまだはしごする予定だったのでピンチョスを一人一品だけ注文。

 f:id:shibuyaumeboshi:20190813182420j:image 

ところで、バスク地方の地酒「チャコリ」は微発砲ワインなので、空気をたくさん含ませ発砲感を楽しむために、高い位置から勢いよく注ぎます。注いでくれているところを写真に撮っていいかと聞くと、「もちろん!こんな感じでいい?」と、気のいいおじさんがナイスなリアクションで応じてくれました。豪快に注いでくれるので、飛沫が跳ねてテーブルがバシャバシャになります。

【Bar la Cepa 詳細情報】

  • 住所:31 de Agosto,9,San Sebastián
  • 営業時間:11:00~0:00(火曜と水曜は定休)

 

サン・セバスチャンのバル4件目「Bar Tamboril(バル・タンボリル)」

f:id:shibuyaumeboshi:20190813183811j:image

家族経営の老舗バル。小さなお店です。このあたりから若干記憶が曖昧になってきます。しし唐?ピーマン?のフリットが美味しかったです。

f:id:shibuyaumeboshi:20190813183758j:image

はしご酒って楽しいですよね。BS日テレで放映している「吉田類の酒場放浪記」が大好きです。吉田先輩と酒場放浪記サンセバスチャン編で一緒にバル巡りしたい。

【Bar Tamboril 詳細情報】

  • 住所:Arrandegi Kalea, 2, 20003 Donostia, Gipuzkoa
  • 営業時間:Googleマップ見ると「閉業」になっているのでもうやっていない可能性も…?

サン・セバスチャンのバル5軒目「Bar ZERUKO(バル・セルーコ)」

f:id:shibuyaumeboshi:20190813183751j:image

創作ピンチョスが楽しめるお店。とても人気のバルで激しく混雑しており、注文するのも一苦労。人がひしめき合って食べるのも一苦労。それでも来てよかったと思える味と見た目のクオリティ!これぞサンセバスチャン、美食の街!
f:id:shibuyaumeboshi:20190813183746j:image 

ウニのグラタン。大好物。
 f:id:shibuyaumeboshi:20190813183803j:image

ウナギの稚魚と半熟卵フライ。見た目はアレですが、味はおいしいそうめん?みたいな感じで食べやすい。私はけっこう好きでした。スペインではウナギの稚魚を食す習慣があるようです。

【Bar ZERUKO 詳細情報】

  • 住所:Calle Pescaderia, 10, 20003 Donostia-San Sebastian, BI
  • 営業時間:12:30~16:00、19:30~23:30(月曜と木曜は定休、日曜は昼のみ)

サン・セバスチャンのバル6軒目「Bar Bergara(バル・ベルガラ)」

f:id:shibuyaumeboshi:20190813184224j:image

バルが立ち並ぶ旧市街からは徒歩20分ほど離れていますが、酔い覚ましをかねてふらっとお散歩しながら移動。家庭的な雰囲気のお店ですが、種類が豊富で見た目にも美しいピンチョスが並んでいて、6軒目でも目移りしちゃいます。

【Bar Bergara 詳細情報】

  • 住所:Calle del General Artetxe, 8, 20002 Donostia-San Sebastian, SS

 

この後も何軒かはしご酒は続いたのですが、さすがに写真を撮る余裕はなく、ただただお酒とピンチョスとバルの喧騒を楽しみました。サン・セバスチャンのバルは月曜定休のお店が多いのと、営業時間が不規則なのでお気をつけて!

 

はじめてサン・セバスチャンのバル巡りをしたときは、この本を参考にしました。

 

●サン・セバスチャンの宿泊ホテル探しならBooking.com

●海外航空券探しなら航空券徹底比較『スカイスキャナー』