ばるログ in バルセロナ

スペイン バルセロナを120%楽しむための情報

ガウディの誕生と死にまつわる9の逸話【6月はガウディ誕生日&命日の月】

f:id:shibuyaumeboshi:20200610004923j:image

6月はアントニオ・ガウディの誕生日(6月25日)と命日(6月10日)の両方が存在する月。ということで、ガウディの誕生と死にまつわる9の逸話をまとめました。 

 

1.ガウディの誕生日は6月25日

アントニ・ガウディは1852年6月25日に誕生しました。父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・クルネット・イ・ベルトランの5人目の子として生まれましたが、一家の次女マリアと長男のフランセスクはそれぞれ幼くして亡くなったため、三男アントニは長女のローザ、次男のフランセスクとの3人姉弟の弟として成長していきます。

ボイラー製造業者の家庭に生まれたガウディは、祖父や父親の仕事の手伝いを通じて、空間把握と体積処理の能力を育んだといわれています。またガウディ少年は体が弱く学校のクラスを定期的に休み、療養のため自然の中でたくさんの時間を過ごしました。そんな子供時代でしたが、地中海の光と自然を深く観察したり、自然に内包される法則性や秘密を熟考したりする機会とあり、後の偉大な建築家の素養を育みました。

2.出生地はレウス説とリウドムス説

ガウディの出生地は「レウス(Reus)」と「リウドムス(Riudoms)」の二つの説が存在します。レウス説は、ガウディが誕生翌日に聖ペラ教会で洗礼を受けた記録が残っていることや学校に提出された書類に基づくもの。もう一方の説のリウドムスには、ガウディの父親の家があり、ガウディが7歳でレウスに引っ越すまでその家で暮らしていたという主張があります。ただし、サグラダ・ファミリアの公式サイト上でガウディの出生地は「レウス」とはっきり書かれていますので、レウス説が一般的なようです。

どちらの村もバルセロナから電車で1時間ほどのタラゴナ(Tarragona)県内にあります。

f:id:shibuyaumeboshi:20200609225712p:plain

3.6月7日、路面電車にひかれる事故に遭う

晩年のガウディは、1914年以降サグラダ・ファミリア建設に集中するため他の仕事を引き受けないことを決めました。敬虔なカトリック教徒として人生の後半を生きたガウディは、サグラダ・ファミリア建築に没頭する日々においても欠かすことなくミサに通っていました。1926年6月7日の夜、ミサに参加するためサグラダ・ファミリアの建設現場からサン・フェリペ・ネリ教会へ行く途中、路面電車にはねられる事故に遭い、それが致命傷となりました。

f:id:shibuyaumeboshi:20200611024321j:image

ガウディが最後まで通っていたサン・フェリペ・ネリ教会 Igresia de Sant Felipe Neri

4.ホームレスに間違われ処置が遅れる

晩年のガウディは清貧を極め身なりに気を遣わなくなっていたことから、大変みすぼらしい姿をしていたといいます。そのため路面電車にはねられた時、その老人が偉大な建築家であることに誰も気づかず、病院に運ばれてからも貧しい浮浪者と思われて最低限の治療しか施されなかったといいます。サグラダ・ファミリアの関係者が病院を訪れガウディ本人だと気付かれた時にはすでに手遅れの状態でした。

5.6月10日、息を引き取る

ガウディは路面電車の事故から3日後の1926年6月10日、搬送先の病院(Hospital de la Santa Cruz)で息を引き取りました。享年73歳でした。

6.葬儀にはバルセロナ中の市民が参加

ガウディの葬儀はその2日後に行われました。葬列は壮大なもので、サグラダ・ファミリアを終着地としてバルセロナ中の大通りを巡りました。バルセロナの偉大な建築家の突然の死を悲しみ彼の人生を敬うバルセロナ中の市民が参列しました。

https://cdn.casabatllo.es/wp-content/uploads/2017/11/xentierro-gaudi.jpg.pagespeed.ic.iGT0YRrOfC.webp

Biografía de Antoni Gaudí. Todos los detalles | Casa Batlló

7.今もサグラダ・ファミリア教会の地下に眠っている

葬儀後ガウディはサグラダ・ファミリア大聖堂の聖母カルメン礼拝堂の地下に埋葬され、今もそこで眠っています。 

8.サグラダ・ファミリアの塔建築はガウディ没後100年の2026年完成予定

ガウディ没後100年にあたる2026年、サグラダファミリア大聖堂の建築部分は完成予定です。よく「2026年に完成!」と言われているのは、塔建築の部分の工事が完了することを意味しています。

f:id:shibuyaumeboshi:20200610004649j:image

9.サグラダ・ファミリア栄光のファサードはガウディ没後110年までに完成予定

サグラダ・ファミリアの正面玄関にあたる「栄光のファサード」は2026年には完成しません。2027年~2036年に栄光のファサードの芸術工事完成予定と公式サイトに書かれています。

f:id:shibuyaumeboshi:20200610004552j:image

工事中のサグラダ・ファミリア栄光のファサード側の様子。

 

【参考サイト】

¿Pero dónde nació Gaudí? | Cataluña | EL PAÍS

Biografía de Antoni Gaudí. Todos los detalles | Casa Batlló

Historia del templo - Sagrada Familia - Sagrada Familia

アントニ・ガウディ - Wikipedia

 

▼こちらの記事もおすすめ。

【サグラダ・ファミリア】3つのファサードの特徴と2019年の進行状況! 

【贈りものにおすすめ】厳選スペイン系ギフト10選!生ハム、ワイン、チョコレート、美容、ファッションまで!

お土産探しにも!スペインのスーパーマーケットへ行こう(バルセロナ)  

なぜバルセロナでデモ?カタルーニャ独立運動って何?気になる疑問をまとめ 

【読書でスペインに浸ろう!】スペインが舞台の小説・おすすめの5冊