ばるログ in バルセロナ

スペイン バルセロナを120%楽しむための情報

バルセロナの郵便局から日本へ手紙を出そう!エアメールの送り方

f:id:shibuyaumeboshi:20191217215441p:image

スペインから日本へ手紙を出し方を解説!宛名の書き方、バルセロナの中央郵便局、スペインの郵便事情やポストについて掲載します。

 

スペインのお土産物屋さんには色んな種類の美しいポストカードが売っています。旅行のお土産を渡したいけど帰国後すぐに会えない家族や友人がいる場合には、モノの代わりにスペインから手紙やポストカードを送るのも素敵ですよね。メールやSNSですぐに連絡が取れる時代で手紙を受け取る機会が減っているからこそ、たまに直筆の手紙が届くと嬉しい気持ちになります。

スペインから日本への宛名の書き方

スペインから日本に手紙を出す時の宛名の書き方は以下の通り。

f:id:shibuyaumeboshi:20191214012700j:image

  1. 相手の名前(漢字でもローマ字でもOK)
  2. 住所(●丁目-●番地-●号,町名,市区町村,都道府県,郵便番号の順)
  3. 国名(JAPANまたはJAPÓN)
  4. 空いてる場所にエアメールである事を示す「POR AVIÓN」を記載。
  5. 送り主のスペインの住所(スペイン在住または長期滞在の方のみ。旅行の場合は不要)

日本に送りたいという事がスペインの郵便局の人に理解してもらえればいいので「JAPAN(またはJAPÓN)」だけ英語またはスペイン語で表記して、都道府県以下の住所は日本語(漢字)でもOKです。

私は「海外からのエアメールが届いたぁー!」という雰囲気を受け取る人に感じてもらいたいため、都道府県以下の住所も漢字ではなくローマ字で書くことが多いです。笑

【memo】郵便・手紙に関するスペイン語

  • 郵便:correo/コレオ
  • 郵便局:oficina de correos/オフィシナ・デ・コレオス
  • ハガキ:tarjeta postal/タルヘタ・ポスタル
  • 手紙:carta/カルタ
  • 小包:paquete/パケテ
  • 切手:sello/セージョ
  • ポスト:buzón/ブソン
  • 送る:enviar/エンビアール
  • これを日本へ送りたいのですが。:Quisiera enviar esto a Japón./キシエラ・エンビアール・エスト・ア・ハポン

郵便局へ行こう!

手紙を書いて準備ができたら郵便局へ行きましょう!今回はバルセロナの旧市街にある中央郵便局から発送します。映画の舞台にもなったこの郵便局は1929年に建てられた歴史を感じる建物。外観も内部もとてみ美しく良い雰囲気なので、バルセロナ滞在中に手紙を出すならこちらの郵便局がオススメ。ここの郵便局の係の人は観光客に慣れているので対応もスムーズです。

f:id:shibuyaumeboshi:20191214012656j:image

中に入ると昔の郵便配達に使われていた自転車が展示されています。

f:id:shibuyaumeboshi:20191214012616j:image

そして高い天井を見上げると荘厳な天窓のステンドグラスと絵画が現れます。日常で使われている郵便局に行くだけで芸術に触れられる生活はバルセロナならではの楽しみ。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012704j:image

郵便局からの発送手続き

本題の郵便局での手紙の発送手続きを解説します。まずは受付番号の紙を入手します。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012619j:image

この機械を操作。「Enviar/発送」をタッチします。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012642j:image

少し待つと番号がプリントされた紙が出てくるので、それを持って自分の順番が来るのを待ちます。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012646j:image

窓口は手続きごとに分かれています。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012627j:image

電光掲示板に自分番号が表示されたら、その右側に示される窓口番号を確認して窓口に向かいます。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012612j:image

ちなみに今回は表示された窓口で「日本へ手紙を送りたい」と申告したところ、「それなら1番の窓口に直接行っていいよ」と言われました。どうやら1番の窓口は海外へのエアメール専用の窓口のようなので、混んでいなければ順番待ちの番号札を取らずにそのまま1番窓口に行っても大丈夫です。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012634j:image

1番窓口の係の人に「POR JAPÓN!(ポル・ハポン)」と言って手紙を差し出せば、切手を貼ってくれます。日本にハガキを出す際の切手は1枚あたり1.5€。支払いは現金・クレジットカードどちらでもOK。

スペインの郵便カラーは黄色

ポストカードを販売しているお土産物屋さんで「切手もいる?」と聞いてくれることがあります。また街中のタバコ屋さん(TABACCOと書いてある赤茶色の看板)でも切手を買うことができます。すでに切手を購入済みなら、街中にある黄色いポストに投函すればOKです。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012623j:image

ただしスペインの郵便事情は日本に比べて信頼性が低め。最近は改善されているようですが、送ったはずなのになかなか届かないおそれもあることを念頭においておくほうがいいと思います。大事な手紙なら郵便ポストへの投函よりも郵便局の窓口が確実で安心!郵便配達・収集のクルマも黄色です。
f:id:shibuyaumeboshi:20191214012638j:image

【バルセロナの中央郵便局】

  • 住所:Plaça d'Antonio López, 08002 Barcelona, スペイン
  • 営業時間:8:30〜21:30(土曜日は14:00まで、日曜休み)
  • アクセス:地下鉄L4線JaumeⅠ駅から4分、L4線Barceloneta駅から6分